ゆるdiggerのゆる音箱

偏った趣味を持つゆるdiggerのゆるblog

【Live Review】海外旅行初挑戦でライブを見に行った話。vol.2

急に夕方の冷え込みが強くなりました。

やっと秋が来た感じがします。とは言え今日から10月。

 

さてさて、今回も前回アップしたシンガポールでのライブイベントのお話の続きとなります。

 

Valley of Chromeが終わって、若干時間は押し気味…

20時前ということもあり、ライブの合間にちょこっとハコの外へ。

目と鼻の先にマリーナベイサンズがあるから、20時からのショーも楽しみつつ。

 

戻る頃にちょうどCaracalが演奏を始めてました。

 

 

【Caracal】

 

シンガポール出身のポスト・ハードコアバンド。

現地では以前にFuneral For A FriendやUnderoath、SwichfootのOAなんかも務めた経歴があります。

母体となるバンドはもともとパンク寄りのバンドだったのが、近年はThriceMastodon、Meshuggah(?!)の影響を受けつつ今のスタイルに落ち着いている模様。

私は2015年来日時に彼らのライブを初めて見て彼らを知ったのですが、それまでにも日本には来日してツアーをしてたので、日本とは意外に接点があるバンドです。

 

そんな彼ら、チェックを怠っているうちに(大きな変化で言うと)ボーカルが女性にチェンジしていたり・・・

youtu.be

8月に新曲出してたり・・・(去年結構リリースしてたけどw)

youtu.be

open.spotify.com

正直、ビックリしましたね。フロントが女性になっても荒々しさは寧ろ増してる。

生で聴いても動画通りの激渋なボーカリゼーションでした。素敵。

(ところどころ掠れてて哀愁のある声って女性だと貴重…)

ちなみにライブでは過去の曲なんかも演奏していたので、1st~2ndが好きな方今ライブを見に行っても十分に楽しめると思います。

 

そんなこんなで主催のCaracalがサクッと終了。正直もっと見たかった。。。

日本だとイベントの主催がトリを務める印象が強いですが、それって独自の文化なのかしら。

 

【NOTHING TO DECLARE】

 

正直、ジャンルで括って紹介するのが難しいのですが、トリ前は東京を中心に活動しているロックバンド、NOTHING TO DECLARE。

(メンバーそれぞれが様々なバンドに影響を受けているためカテゴライズが本当にしにくいのですが、敢えていうならオルタナかな…それこそThriceとかFFAFの影響は感じるし、メインコンポーザーの趣味かEvery Time I DieとかHe Is Legendみたいなヘヴィでギターがうねるような曲もあるし…以下略。

バンドの母体がMas(Vo/Gt)さんがシンガポールで始めたプロジェクトということもあり、4年くらい前にCaracalがサマソニ出演で来日した際に出た別イベントでも共演するなど、彼らとの親交も深いです。

年末にYoshi(Gt)さんの脱退も決まっているため、現体制では最後のシンガポール公演でした。

youtu.be

*前回(2017年)渡星時のライブパフォーマンス!

youtu.be

*2013年にも同じステージに登場。

 

メンバーの出身国ということもあり、アウェイ感は全くなし。

根幹の部分で影響を受けたバンドはCaracalに近しいものがあるため、Caracalが好きな人には親しみやすい曲調で、初見の方にも好感度も高かったのではないかと思います。

詳しいバンドの紹介は、またそのうちに。 

 

 

【Typecast】

 

トリはフィリピンのバンド、Typecast。

もうね、全員彼らが目当てでしょってくらい盛り上がりました。もちろん、私も例外なく魅了されました。

どこで読んだか忘れちゃったのですが、扱い的には「フィリピン版ELLEGARDEN」と考えると分かりやすいらしいです。

音楽性としてはポップパンク/メロコア。1999年結成で、今年で20周年を迎えます。

すぐに口ずさめてしまいそうなグッドメロディーと、それでいて何処か愁いを帯びている、日本人でも琴線に触れる人が多いであろうサウンド

国内だとCOUNTRY YARDなんかとも親交があるとか。うん、凄くしっくりくる。

フィリピン国内だと首都マニラのラジオ局NU 107(日本でいうとfm802とか、そんなイメージかな…?)が過去毎年発表していたNU Rock Awardsにおいて、2007年に”Will You Ever Learn”がSong of the Yearに輝いた実績も。

 

youtu.be

*YouTube再生830万回超(2019年10月1日現在)の名曲。

youtu.be

*シンガロング必至のライブパフォーマンス!

 

当日は会場でもシンガロングが要所要所で起こりましたが、会場の一体感と曲の良さが相まって思わず涙が出そうになりました。一言で例えるなら「美しい」な、と。

まさに今回のイベントのトリに相応しい、最高のバンドで最高に締め!!

(物販がなかったのは本当に残念だったけれど…)

本当に素晴らしいバンドでした。いつか日本で観られたらいいなと思います。

 

 

そんなこんなでライブは終了。

日本国内だと出会えてないラインナップということもあり、久々に良い出会いもありましたし、機会があればシンガポールだけにとどまらず、他の国でもライブを観てみたいという気持ちが強くなりました。

次は台湾の山海屯音樂節(Heartown Festival)とか韓国は仁川のPentaport Rock Festivalとか釜山国際ロックフェス(SOADのブッキングの件でひと騒動ありましたがw)とかその辺りかな…

 

正直なところ、治安の心配や文化の違いはあります。

あとは何より単純にお金がかかります。費用対効果に関しては、多分その人の価値観によるでしょうけれど。

が、これを読んでくださっているあなたがもし音楽を、ライブを愛するのであれば、旅行をメインに飛び立って、現地で興味のあるライブがあるのなら、ついでに楽しむくらいの勢いと気軽さで体験してみてほしいなと思います。新しい発見があることは保証できます。

 

正直、私自身も飛び立つ前はお目当てだけ観られれば…なんて思ってましたが、いざ現地に行ってみると、新しいバンドに対する出会いのモチベーションは上がりました。こんなところまで来て、出会わなきゃ勿体ない!って。単純に貧乏根性かもしれないですがw

日本じゃないからこそ、間違いなくそこでしか味わえない空気やそこでしか観られない景色があります。

勿論ローカルルールはそれぞれあるでしょうが、少なからずシンガポールの日本よりはライブハウスは自由な雰囲気だったと肌で感じました。

最前管理とかそういう文化は日本独特なんだろうなあ。良し悪しはさておき。

 

そんなこんなで私の初海外ライブ遠征は終了したのですが、早くも次の海外が楽しみだったりします。

次が決まることがあればまたレポートしますw

 

【Live Review】海外旅行初挑戦でライブを見に行った話。vol.1

台風の影響か、9月中旬とは思えぬ暑さが続きますね…。

最近スーツを着る機会が多いので、暑さに弱い私にとっては控えめに言って地獄です。

 

さてさて、レポートの順番が前後していますが、本日はそんな私が7月下旬にライブ目的で常夏の国にライブを観に行ってきた話です。

ライブが発表されて勢いで早割のライブチケットを買って、さてどうしよう。私海外いったことないわ~。パスポート申請しなきゃ。。。

から始まりました。確か、それが5月中旬?くらいかなあ。

 

とは言え、旅行慣れした友人も一緒だったので、大きなトラブルはありませんでした。ありがたや。

 

そんなわけで行って参りました、シンガポール!!!

 

今回はライブがメインとは言え多少は観光もしました。

異国感がすごい。近代的な建物が多い。f:id:music_junky:20190912003359j:imagef:id:music_junky:20190912004215j:image

ご飯は美味しい。日本人の口に合う。あと、ドリアンがそこかしこにある!

f:id:music_junky:20190912003818j:image
f:id:music_junky:20190912003619j:image

物価は高いって言われてるけど(S$1=約80円)、エリアによってはホテルが高いくらいで、まあ普通。タクシーは安い。

外はとにかく暑くて、建物内は極寒。ちなみにびくびくしていたスコールには一度もあわなかった。

あとはMRT(シンガポールの地下鉄)のエスカレーターの速度がめっちゃ早い。これが一番印象的で、帰国してからは違和感さえ覚えるほど。

心残りはカジノとナイトサファリに行きたかったこと。Gardens by the bayのお目当てのアトラクションが運悪くメンテナンス中だったことも残念だった。

 

んで、肝心のライブはというと、二日目の夜にしっかり堪能しました。

f:id:music_junky:20190912004802j:image

(ちなみにライブは出入り自由だったため、途中で抜け出してしっかりベイサンズのライトアップも見てみたりw)

場所はEsplanadeのショッピングモールにほど近い、ANNEXE STUDIOというライブハウス。アクセス最高。。。

f:id:music_junky:20190912004317j:image

キャパシティは450ととってもいいサイズ。ちょっと大きめのライブハウスって感じ。

 

今回はシンガポール出身のオルタナ・ポストハードコアの雄であるCaracalが主催の"DAILY ESSENTIALS 2019"という6バンドが出演するイベントでした。

もちろん日本人だから、多少のアウェイ感…いや、意外と感じなかったかもw

 

ともあれ、ほぼ定刻でライブはスタート!

 

 

【HRVST】

youtu.be

open.spotify.com

*去年スプリットEPを出している模様。

 

1発目からスラッジ??ドゥーム???地元のバンドみたいです。

Cracalのイベントだし、近いジャンルのバンドかと思ってましたが、ちょっと意外。

あんまりこの辺のジャンルに知見がないのですが、腹に響くサウンドに初っ端から音酔いしそうでした。w

 

【Marijannah】

youtu.be

*この曲聴いたらDeep PurpleのBlack Nightが頭に浮かんだ。

 

2番手。こちらもシンガポールのバンド。

ドゥームの次はストーナー???渋いぞ~~、シンプルにかっこいい!!

初見ではありましたがガッツリ楽しめました。ハードロック系のギターが好きな人には刺さると思う。(雑)

本バンド、昨年1stフルレングスを出してるみたいです。 

open.spotify.com

 

【Valley of Chrome

youtu.be

メタルメタルしたのキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

こちらはフィリピンのヘヴィメタルバンドValley of Chrome

本イベントのトリを務める、Typecastとは6月にカップリングツアーを開催していたり、、、やはり界隈で繋がりがあるんですね。

2000年に活動開始して、、、ってことは20年近く活動している、息の長いバンド。

どうやら日本でも結構人気があるらしく

open.spotify.com

日本語で歌ってる歌やJAPANなんて曲もあるみたいです。

ちなみに結構人気あるなと思って調べてみたら、今年なんとあの人気メタルフェス
WACKEN OPEN AIRに出ていました。納得。

 

 

とまあ、ここまでで前半戦は終了。普段聴いてる音楽から考えると異種格闘技戦みたいなところがありましたが楽しめました。

日本でこれだけ長時間のイベントになってくるとじっとしてるのは結構厳しかったりするのですが(本当は全部見たいけれど、体力的に厳しかったり)、

日本ではどう頑張っても出会えないような新しいバンドに出会えるチャンス!ということもありほぼ抜けなく最後まで目や耳に焼き付けてきました。 

(ちょっと話が逸れますが、)結果、やっぱり現場でしか分からないことってめちゃめちゃあるな、と。そんでもって同じものでも現場で味わったもののほうが自分の記憶の中に深く刻まれてるってことを再度実感する良い機会になりました。

こういうのって経験を得るために使った労とか財とかに比例するっていうも勿論あるけれど、結局耳一つで味わう快感よりも五感をより多く活用した体験の方が記憶との結びつきは強いから、より長く覚えてるんだよな、バンド名とかも。w

まあ、こうした話は別の機会に。

 

後半戦は主催のCaracalを含め3バンド。

長くなってしまったので、次の更新でアップしますー!

ではでは。

【Live Review】haruka nakamura Band Tour "STARDUST Ⅱ"@京都文化博物館

2019年8月16日、晴天。

前日、前々日と台風の影響があり、心穏やかではなかったけれども

当日はからっとしたお天気になって安堵した覚えがあります。

 

サクッと午後イチで仕事を終え、京都文化博物館へ。

開場前に余裕をもって到着しましたが、すでに結構な数の人が集まっていました。


f:id:music_junky:20190908133019j:image

 

この日はツアーの初日。

前回のSTARDUSTから約9か月振り。

 私自身、haruka nakamuraの演奏を聴くのは、この日が3回目ですが。。。
f:id:music_junky:20190908133210j:image

会場に足を踏み入れた瞬間に、今日はとんでもないものが観られるぞ、

自身の勘がそう言っているのが分かりました。

忘れられない日になりそうな予感が自分の中で強い確信へと変わります。

 

音の反響、演奏と演出の融合。

この場所だからこそ、紡ぎだせる世界。

昨年、”12月のカーテンコール”を観た岡山のルネスホールも大層雰囲気のある会場でしたが、こちらも素敵な会場でした。

 

 

開演。

メンバーがステージに上がるや否や、場が静寂という音に包まれます。

幕開けは、長田弘さんの名著「最初の質問」。

今回の朗読は本田慶一郎さんでした。

美しい声。LUCAさんとは違うベクトルで心に刺さる朗読が印象深かったです。

 

その後も言葉のみでは表現しきれない次々と世界が目の前に広がります。

こんな音楽がこの世には存在するのかと、何度見ても驚きが上書きされていくほどに、素晴らしい空間がそこにはありました。

空間と、音と、光。

その全てが折り重なってできる奇跡的なライブ。

何度も震えを感じ、鳥肌が止まらず、時に涙しました。

 

繊細で、壮大で、アンタッチャブルな神々しさやパワー。

そしてライブを通じてそれらに触れることで

自身の心の声が浮き彫りになり、感情を爆発させてしまうのだけれど、

全てを包み込んで浄化させてしまうの美しさと優しさ。

そんなharuka nakamuraの魅力を余すことなく感じられる2時間弱の贅沢な時間でした。

 

youtu.be* 

*全曲素晴らしかったですが、個人的には八星は圧倒的でした。

 

他のアーティストが同じように使っている声や楽器で、

ここまでの世界が表現できることは、まさに「祝福」という言葉が相応しいように思います。

 

本ツアーは福岡、東京と続きます。

東京はすでにソールドアウトですが、福岡にまで足を伸ばせる方は

是非一度この世界を味わってみて欲しいです。

詳細はリンク先をご覧ください。

www.harukanakamura.com

 

 

========以下、セットリスト=========

 

08/16/19

haruka nakamura Band Tour "STARDUST Ⅱ" @京都文化博物館

  1. 最初の質問
  2. 星の讃美歌
  3. 八星
  4. STARDUST
  5. アレルイヤ
  6. twilight
  7. うたが何処かで
  8. SUN DANCE
  9. CASA
  10. Sunday Prayer(新曲)

 

 

【Live Review】SUPER JUNKY MONKY ”Super Mother Of Meatloaf 2019"@下北沢CLUB251

 

青春のサウンドって、幾つになっても忘れられないもの。

 

例え今自分が好んで聴いているサウンドと掛け離れていても、時々聴き返して

『懐かしい!』と過去に思いを馳せたり

『やっぱり格好いいなぁ』と噛み締めたり、

はたまた、『(今の感性で聴いてみると)ちょっとダサい!』と笑ってみたりとか。

 

そんな今の自分自身の血肉となったアーティスト達。解散したり、活動休止したりしているものもたくさんあるでしょう。

複雑な思いは数多ありつつ、復活とあらば無視できないのがファン心理。

 

実は私、6月にそんなライブに行ってまいりました。

そして直後に途中までblogを書きつつ、放置してましたw

今更UPするのもなあと思いつつ、忘れた頃に自分で読み返したくなるかもしれないので

備忘録として残しておくことにします。


f:id:music_junky:20190625101706j:image

会いに行ってきました、SUPER JUNKY MONKEY!

約4年ぶりですね。 

前回復活時は恵比寿リキッドルームで、WRENCHとSxOxBと一緒だったな。

歓喜して繁忙期の中無理やり有給突っ込んで観に行った記憶が昨日のことのように思い出されます。

 

今回はその際と比べると、キャパがキャパだけにいい意味でやばい。

期待に胸を膨らませつついざCLUB251へ。

この日のゲストはGARLIC BOYS。

(ちなみに623の日は盟友WRENCHとジェイソンズ。こちらも行きたかった…)

 

 

ハコの中に入ると全盛期をバンドと一緒に駆け抜けた、素敵な元キッズのお兄さんお姉さん方で一杯。

復活ということもあって、熱量もすごい!!!

遊び方もわかってるし、見ているこちらまで楽しくなっちゃいました。

 

 

対バンのGARLIC BOYSの時点でフロアのコンディションは万全。

何曲か有名な曲は知ってるけど、ライブで観るのは実は初めてということで

モッシュやダイブに巻き込まれない位置で楽しませていただきました。

youtu.be

*ももクロがアレンジして話題になった”あんた飛ばしすぎ”。

youtu.be

*ラストはセルフタイトル!

 

最終的に自然と拳が上がっちゃうカッコよさよ。

荒々しさと生命力と美しさが混在していて、漢クサくて最高!!

泣きのリフなんかもありつつ…それらを歌詞でぶち壊しに来てるところがPUNKでまたカッコいい。

フロアもシンガロングしてて、本編始まる前に一旦打ちあがった感がありましたw

 

 

フロアのDJでいい感じになっていると…

メインのSUPER JUNKY MONKEYが登場、フロアの熱気は最高潮に。

"Parastic People"からゆるっと始まり、どんどんとタイトな展開に。

 

youtu.be

*参考までに、伝説のCGBGでのライブをば!

(当時の様子が書かれた記事は、もう少し下のところにリンクしておきます)


今は亡きMUTSUMI(Vo)さんはそれはカリスマだっただろうことは動画を見るだけで

ヒリヒリと伝わってきますが、

KEIKO(Gt)さんのボーカルもやばい。生で観ると本当に凄くて、リキッドで聴いたとき「あれ?MUTSUMIさん…?!」なんて感じるほど。

今回も3ピースとは思えぬ存在感でバンドを引っ張って行っていたように思います。

 

"If"、"ばかばっか"といった名曲揃いの中、

"記憶の捏造"ではマサヨさん(ロリータ18号)が乱入!

曲中ではMUTSUMIさんにあてた手紙を読み上げる粋な演出もあり…

とは言え湿っぽい感じではなく、あったかくて、とても楽しいライブでした。

 

本編の締めは勿論…!

アンコールまで、全身びしょびしょになるまで遊ばせて貰いました。

 

彼女たちが第一線で活躍していた頃は、ガールズバンドにカテゴライズされてたみたいですが、

間違いなく彼女たちは性別の枠組みなんか超越した本物だと思います。

今聴いてもむちゃくちゃカッコよくて、未だに唯一無二。

時代がやっと追いついてきたのかな。おっせーぞ!!!!

 

開場の雰囲気が文章で伝えきれないのが本当に残念です。。。

 

 

と思ったら、ちょっとだけYouTubeに上がってました。

youtu.be

不定期でいいからまたちょくちょくライブやってほしいなぁ。

 

 

www.tapthepop.net

*当時の彼女たちのことをことが分かる記事はこちら。

興味があれば是非ご一読くださいね。

 

 

============以下セットリスト=================

 

06/26/19

SUPER JUNKY MONKY ”Super Mother Of Meatloaf 2019"

 

  1. Parasitic People
  2. The True Parasites
  3. If
  4. The Words
  5. Where're The Good Times
  6. ばかばっか
  7. Revenge
  8. 記憶の捏造 feat. 石坂マサヨ from ロリータ18号
  9. R.P.G
  10. Shower
  11. あいえとう
  12. (encore1)Buckin' The Bolts
  13. (encore2)SUPER JUNKY MONKEYのテーマ

 

雑記 - 3日坊主を繰り返しても辞めない理由

何だよ!気づいたらもう9月!!(ただの八つ当たり)


blogやることが気づいたら頭から消えてました。
習慣が10割っていうけど、習慣化するのが難しい。
…3日坊主、本当に反省。

 

ずっと音楽がdigれてなかったわけではなかったのですが、
自分の中でいろいろと思うところがあり、
digとか、音楽に触れるとかっていう、
自分自身のライフワークともいえる事柄の優先順位が数か月でがたっと落ちてしまいました。
ここ1ヶ月くらいは音楽をほどんど聴いていなくて
通勤中の電車の中では、寝ているかひたすら別軸の情報を漁っている有様です。

 

ずっとできていたこととかやっていたことって
やらないことにどんどん慣れていくとなしでもどうにかなっちゃう。
それが大好きな事柄であっても。
多分そういうのを積み重ねていくと、きっとミニマリズムシンプルライフに行き着くんでしょうね。

 

とは言え私は、自分が楽しいと思って信じてきた事柄をやめたくないし
好きなものを発信することは、続けていきたいと思ってます。

勿論環境に左右されることはあるかもしれないし
これなしで生きていくことはできるけれど
音楽ほど私の人生を「豊か」にしてくれるものはないですから。

"No music, No life"
それは私にとっては正解ではありませんが
"No music, No rich life"
は私にとっての正解であると思います。
自分の人生を豊かにする努力は、自分自身でしなければならないし
それは意識して続けていかなきゃ。

自分自身のそうしたアクションが、だれか一人でも多くの人の生活を
豊かにする小さなきっかけになれば、やっぱり嬉しいです。
そんなわけで、途切れ途切れになりながらも、
blogを書くことは続けていきたいなと思います。

 

以上、雑記でした。w

FOR A REASON - ”SINCE YOU’VE BEEN GONE”

 

東京ポップパンクの重鎮、FOR A REASONが新曲MVを公開しました!

 


FOR A REASON "SINCE YOU'VE BEEN GONE" Official Music Video - YouTube

FARらしい一度聴いたら忘れないグッドメロディにシンガロングパートは勿論のこと、

”あなたがいなくなってから”なんてタイトルからも、共感できる人も多い内容に仕上がっています。

 

バンドは6/1に浮間舟渡のスケートパークで主催フェスを開催します。

すでにソールドしてますが、休む間もないほど最高なメンツが揃ってますよ!

f:id:music_junky:20190531091120j:image

ANYO - ”In My Book”

 

ここ数週間、GWの余波で仕事が立て込んだりショックなことがあったりで、完全にblogのことを忘れ去っておりました。

digの方もちょっと疎かになってましたが…

本日からゆるーく再開します。

 

先週末、南堀江SOCORE FACTORYへsohaというインストバンドを目当てに、ライブを観に行って参りました。

仕事の諸々もあって遅刻して、sohaの始まる少し前に会場に入ったのですが、その時演奏をしていたのが本日紹介したいANYOというバンドでした。

In My Book

In My Book

 

最後の曲しか聴けなかったんです。

しかも、どの曲だったかなんて覚えてもいない。

しかしながらステージから溢れ出るANYOの世界に、鳥肌が立ちました。

 

陰鬱としていて、退廃的で、無機質。

それでいてアトモスフェリックなサウンド

Vo.の4hoのハスキーな声がとても良く絡みます。

ステージから繰り出される独特の冷たい空気感に一気に引き込まれました。

 

ライブ中、ふとEvanescenceを思い出しました。

曲が似ているというより、エッセンスとか、ニュアンスとかが近しいなと。

オルタナとかサイケとかって言われてるみたいだけど、

もっと幅広いリスナーを獲得できるバンドだと感じます。

アンビエント・ミニマル系が好きな人は勿論だけど、ハードコアが好きな人も

ドゥームやストーナー、ゴスが好きな人にも刺さるんじゃないかな。

 

121

121

※今年に入ってるデジタルシングルも出してるようです。

 

関西圏のロックシーンで名前を聞くことが多いANYOですが、

正直想像以上でした。シビれた。そりゃあ名前轟くはずだね!

 

日本では結構珍しいタイプのバンドですし、

いろんな人に聴いてもらって、ガンガン大きいフェスにも出て活躍して欲しい!

過去FUJI ROCKに出た映像もYouTubeに上がってるので是非見て、彼らの世界を味わってみてくださいね。


ANYO - To [YouTube Music Sessions at FUJI ROCK FESTIVAL’18 "ROOKIE A GO-GO"] - YouTube